2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

最近の記事

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.11 (Fri)

ジェイク・アリエッタ、デビュー戦初勝利!!

6/10 NYY 3-4 BAL

今シーズンAAAでは6勝2敗1.85ERAと、安定感抜群のアリエッタがやっと初お目見え。
そしてみごと初勝利
ハツモノに弱いヤンキースとはいえ、打たれたヒット4本はご立派。ローテ入りは合格


Jake Arrieta 0610
一応北京五輪では米国代表として勝利にも貢献しているし、ボラス物件でもあるもんで、MLB.comの表紙も飾った。記念にキャプチュァ。

Jake Arrieta 0610.-2
そうそう、去年はもう少し若手も投げやすい環境にあったのね。
閉塞感ただようチーム事情のなか、大都会打線を相手に6回自責3で投げきったのはご立派。デビヘルも初セーブでクローザーデビュー。


3年前のドラフトの記事を読み返してみましたが、あの頃のわたしのモクロミでは、このチームは2010年ウィータースを筆頭に、レイズのようになっているはずだったのですけど。

マクフェイルは元ロッテのバレンタインさんとも面談した模様。監督候補にはウェッジさんも名前があがっているとか。

※のちほど時間がありましたが、アリエッタのインタビューなど、更新したいと思います。
スポンサーサイト
11:25  |  Baltimore Orioles '10  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

カムデン開幕 !

ホーム開幕戦。
オレンジに包まれてのこの光景は、何度見てもワクワクします。
ベダードが在籍中に一度行きたかったもんだ。

0409-1.jpg
ニックは絵になる男じゃのう~(写真はbaltimoresun.comより)

4/9 TOR 7-6 BAL

カムデンヤーズに以前とはひとつ足りない背番号で戻ってきたミギー、O'sファンにごあいさつがわりのツーランホーマーに4打点と大活躍。バーギーはセレモニー待ちと緊張でいつもの調子ではなかったものの、ヘンドリクソンがきっちり中盤を抑え、ピエイがピンチランナーでハッスルして勝ち越ししカムデンのファン4万8千のお客さんは大盛り上がり! こうしてホーム開幕戦での勝利のお膳立てはできていたというのに.....









りゃ

デジャヴだ。今日は寝ます。
21:55  |  Baltimore Orioles '10  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.09 (Fri)

オリオールズ & ブライアン・マトゥス今季初勝利

4/8 BAL 5-4 TB

0408.jpg
背番号も「17」となり、今季は期待大。(写真はbaltimoresun.comより)

開幕から2連敗でさすがにスイープは勘弁ねと思っていましたが、無事ひとつ勝って翌日のホーム開幕を迎えることができました。

今日はいつも解説でおなじみのジム・パーマーさんが風邪をこじらせ(昨日パーマーさんの声はものすごくかれていた)急きょMASNの人気ブログ記者ロック・クバトコさんがキャスター席に。

MASNが毎試合行う視聴者投票で、今日のMVPは新加入ギャレット・アトキンス。番組中に紹介されていた幼い頃の写真がかわいかったです!後にご登場のクローザー・ゴンゾーさんの乱れようを頭抱えてみていた私にとって、この日の2打点はものすごい大きいものでした。ありがたい。そして、勝ち越しクラッチのマット・ウィータースは今年勝負強くなったのも魅力。はよクリーンナップにあげ。

先発ブライアン・マトゥス、この春のトレーニングでは24イニング1/3投げたうち四球はわずか3個という制球の良さが売り物だけに、3回裏、かつてのカブレラを彷彿とさせる突然の四球病には驚きでした(笑)。
当のご本人も「こんなに歩かせたのは覚えがない。」

しかし、大事な場面ではストライクアウトがとれるあたりは、昨季より遥かにたくましくなったんでしょうか。クラニッツコーチやベテランのミルウッド、ガスリーとも臆せず助言を求めたりする場面をよく見ますが、吸収力旺盛なあたりがまた今後にプラスに働くのだと期待しています。

さて、今日は2回裏、レイズの先発ニーマンがミギーのライナーをもろ右肩に受けてしまい急きょ降板、ソナンスタインが交代で出てきたのですが、その後状態はどうなったか...心配です。ニーマンはマトゥスの立ち上がりよりはるかに良かっただけに、打撲が悪化しないとよいのですが。

マトゥスとともに、というか個人的にはむしろこちらに期待している、ブラッド・バーゲセンが明日はカムデンのオープニングを飾ります。4時起きはきついわ~。
マッチアップはシアトルでおなじみだったブランドン・モロー...先発育て上手なジェイズですから、彼も確変するかもしれない。たのしみです。
22:01  |  Baltimore Orioles '10  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.08 (Thu)

ガスリー今季初登板

4/7 BAL 3-4 TB
0407.jpg

ピエイの左肩の故障で、昨年アキレス腱を負傷しDL入りしていたライモルド(以下ライライ)がレフトに入ったのが痛かった....こういう日に限って、飛ぶんですよね、レフト方向に球が(写真上 ご参考まで)。ロンゴだから左方向は仕方ないにせよ、よくもまあ弱点を狙うかのようにライライを走らす。レフトにスコットじゃだめだったのですかね
しかし、ロンゴは少し見てない間におっさんぽく...でなく、貫禄充分になりましたねえ。

今季初登板のガスリーはすばらしくいい出来でした。ガーザの方が危うい雰囲気でしたが、さすがオリオールをカモにしているだけあって、最終的には勝利が舞い込むあたりは自信のようなものを感じました。ガスリーの昨年はやはりWBCの疲れを引きずっていたのでしょうね。それと自分が一番手というプレッシャーがなくなったこともあるのでしょうか、鮮烈なデビューをした頃に戻ってくれたらうれしいもんです。

明日はマトゥス。レイズはニーマンと若い子対決。絶対勝つぞー!Go O's

21:40  |  Baltimore Orioles '10  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。